文字サイズ

消化器内科

診療体制表

外来診療の特徴

消化器内科は、胃や大腸などの消化管と肝臓、胆道、膵臓などの広い範囲を含み緊急性の高い消化管出血や、胆石などによる黄疸に対しての消化器内視鏡治療、慢性肝炎・肝硬変、肝硬変で食道静脈瘤の内視鏡的治療、肝動脈塞栓術、腹水、肝性脳症のコントロールなどの治療を行っています。総胆管結石症では乳頭切開術による切石、癌に対するステント術などがあります。消化管では、上部・下部内視鏡消化管出血の止血術など、粘膜切除術、ポリープ切除術を施行しています。潰瘍+炎症性肝疾患の管理もしております。

入院診療の特徴

胆肝膵では、外来病棟共に慢性肝炎・肝硬変の方が多く、肝硬変で食道静脈瘤の内視鏡的治療、肝動脈塞栓術、腹水、肝性脳症のコントロールなどがあります。総胆管結石症では乳頭切開術による切石、癌に対するステント術などがあります。消化管では、上部・下部内視鏡消化管出血の止血術など、粘膜切除術、ポリープ切除術を施行しています。潰瘍+炎症性肝疾患の管理もしています。 尚、当院では、差額ベッド料はいただいておりませんので、保険診療の範囲で安心して入院治療に専念していただけます。

担当医師紹介

  • 氏名

    三木 英保

    役職

    科長

    資格等

    日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本内科学会総合内科専門医

  • 氏名

    平野 拓己

    役職

    資格等

    日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員