消化器内科

診療体制表受診される方はこちら

  • お知らせ

ただいま、お知らせはありません。

外来診療の特徴

 消化器内科は、胃や大腸などの消化管と、肝臓、胆道、膵臓などの広い範囲を含みます。
消化管の疾患としては逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、過敏性腸炎など一般的な疾患から、潰瘍性大腸炎やクローン病といった難病の治療も行っております。また下部消化管内視鏡検査時にポリープが発見された場合、内視鏡的にポリープ切除術を行っております。
 肝疾患では慢性肝炎・肝硬変の管理や、腹水、肝性脳症のコントロールなどの治療を行っております。膵疾患では慢性膵炎や嚢胞性疾患の検査・管理を行っております。膵・胆道疾患の検査として、超音波内視鏡検査も導入しております。

入院診療の特徴

 消化管では、消化管出血に対する内視鏡的治療や、早期の悪性腫脹に対する内視鏡的切除術を行っております。またクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性疾患の入院治療を行っております。
 肝疾患としては、急性肝炎の治療や、肝細胞癌に対する経皮的ラジオ波焼灼療術、肝動脈塞栓術などを行っております。胆道疾患では、総胆管結石や胆道癌に対する、内視鏡的な結石除去術、ステント留置術などを行っております。
 膵疾患では急性膵炎の入院治療などを行っております。

治療実績

2017年度内視鏡検査・治療実績

胃内視鏡検査 3,520件
大腸内視鏡検査 911件
大腸ポリープ切除術 329件
内視鏡的膵胆管造影 44件
内視鏡的胆道結石 20件

担当医師紹介

  • 氏名

    三木 英保

    役職

    科長

    資格等

    日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本内科学会総合内科専門医

  • 氏名

    平野 拓己

    役職

    資格等

    日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会会員、日本消化器内視鏡学会会員

診療体制表 MEDICAL SYSTEM CHART

PAGETOP

患者さま・医療関係者のみなさまへ

患者さまがよくご覧になられるページをご案内いたします。
確認する