文字サイズ

病院のご案内

船橋二和病院は1981年(昭和56年)、千葉県船橋市で32年の民主的医療運動に支えられて開院。患者さま、地域住民のいのちと健康を守る、24時間安心してかかることができる病院として、二次医療機関・救急医療を担ってきました。
船橋市(人口64万)北部に位置し、北部地域の拠点病院として、予防からリハビリテーションまで一貫した総合的な医療を追求。入院・外来・救急、在宅医療等の診療にあたる中で、第一線医療に力をそそいできました。
病院内外で医療と社会保障について健康友の会、患者会などと協同した活動、出張健診をはじめ保健予防活動を地域の中で積極的にすすめています。2002年4月厚生労働省の臨床研修病院の指定、2006年病院評価機構認証を取得、2011年には無料低額診療事業を開始しました。

船橋二和病院グループは、船橋二和病院(主に救急・入院部門)、船橋二和病院付属ふたわ診療所(主に外来部門)、ふれあいクリニック(主に健診部門)、二和在宅介護支援センター、八木が谷在宅介護支援センターでそれぞれ役割分担して連携を取りながら、地域の皆様の健康を守ります。

院長あいさつ

船橋二和病院は、1981年5月1日に開院しました。当時、医療過疎であった船橋北部地域の住民の方々の協力で開設され、現在1万1千人に達する友の会の皆さんにも支えられて発展してまいりました。初代院長の高橋稔先生から長谷川純先生へと船橋二和病院の医療事業が引き継がれ、3度の増床を経て、299床の総合的機能を持った病院として、今は地域には無くてはならない病院として機能しております。「予防からリハビリまで、赤ちゃんからお年寄りまで」を合い言葉に、保健予防、健診から慢性疾患管理、救急医療、在宅介護事業まで幅広い医療を行っております。
私はこうした船橋二和病院の歴史の中で、2014年5月1日より3代目院長に就任いたしました。歴代の院長の業績を受け継ぎ、さらに地域の人々の健康を守るために、医療を地域の人々との「共同の営み」ととらえ、医療への参加と情報の公開、医療の安全・安心・信頼・満足を提供させていただくことを常に念頭に置きながら、さらに発展させていく決意です。今後とも皆様の変わらぬお力添えをお願いいたします。

船橋二和病院
院長 松隈 英樹

  • 船橋二和病院の理念や基本方針、
    患者さまの権利憲章など。

    理念・基本方針

  • 病床数や診療科目などの施設概要、
    施設認定一覧、施設基準など。

    施設概要・基準

  • 医療の質を数値で示し客観的に評価する
    データを公開しています。

    病院指標

  • 船橋二和病院のフロアマップです

    フロアマップ