文字サイズ

内分泌代謝科

診療体制表

外来診療の特徴

糖尿病は生活習慣と密接に関係し、過食・運動不足・ストレスの多い社会で増加しています。症状もなく健診で発見されることも多く、病気の自覚が持ちにくい病気ですが侮ると非常に怖い病気です。高血糖が続くと網膜症・腎症・神経症等の合併症がしだいに進行し、一定以上育つと元に戻らなくなります。
食事療法・運動療法・薬物療法がありますが、一番重要な食事療法と運動療法は患者さまの実践によります。また、一生つきあわなければならない病気です。このため糖尿病という病気をよく理解していただき、うまく付き合う方法を実践していただく必要があります。

入院診療の特徴

入院診療では、糖尿病教育入院を行っております。医師・看護師・栄養士・運動療法士・薬剤師・心理療法士・事務で病気についてのレクチャーや、合併症検査やインスリン・自己血糖測定器の導入を施行しています。
患者さまの生活を保ちながら楽しく糖尿病療養を続けていただくことを目標にしています。その他内分泌疾患・肥満症の診断・治療もさせていただいています。
尚、当院では、差額ベッド料はいただいておりませんので、保険診療の範囲で安心して入院治療に専念していただけます。

担当医師紹介

  • 氏名

    小倉 享子

    役職

    資格等

    日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会会員

  • 氏名

    尾崎 一成

    役職

    資格等

    日本糖尿病学会会員、日本内科学会会員、日本プライマリ・ケア連合学会会員

  • 氏名

    池田 美佳

    役職

    資格等

    日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会会員