文字サイズ

精神科

診療体制表

外来診療の特徴

うつ病、神経症、心身症、統合失調症、アルコール関連障害、睡眠障害、認知症の他、ストレス関連疾患、身体疾患に合併した精神的不調、更年期に伴う精神的不調、育児ストレスの相談など、幅広いニーズに対応しています。その方にとって最も適切な医療を受けられるよう、事前に予診(インテーク)を行っており、ニーズに応じて心理相談や他科受診、あるいは他院、他機関をご紹介することもあります。
臨床心理士による心理相談では、一般的カウンセリングや心理検査の他、リラクゼーション、コミュニケーションスキルトレーニング、認知行動療法などを行っています。
認知症のご相談や治療については、「もの忘れ外来」を設けています。診断治療と並行して、家族の学習交流会も行っています。

入院診療の特徴

入院治療には対応しておりません。

担当医師紹介

  • 氏名

    戸田 治代

    役職

    科長

    資格等

    日本精神神経学会精神科専門医、精神保健指定医、認知症サポート医