文字サイズ

放射線科

診療体制表

診療内容・特徴

放射線診断専門医を常勤で配置して、迅速な診断・結果返しが出来るよう体制を整えています。CT・MRIについては院内の全検査分の画像診断を行っています。ほぼ全ての画像が医用画像システム(PACS)に保存されており、瞬時に電子カルテ端末から閲覧や過去画像との比較ができるようになっています。

施設基準等

  • 画像診断管理加算2
  • 冠動脈CT撮影加算
  • アスベスト健康管理手帳による健康診断の指定医療機関

取得できる資格

なし(放射線診断専門医・放射線治療専門医取得には大学病院等の修練機関での研修が必要です)

症例・実績

CT・MRI 計約1万件/年

スタッフ紹介

  • 氏名

    加藤 肇

    役職

    科長

    資格等

    日本医学放射線学会放射線診断専門医

研修医・医学生のみなさんへ

放射線科では放射線を利用した単純X線検査(レントゲン検査)やCT(コンピューター断層撮影)、磁気を利用したMRI(磁気共鳴画像法)等の画像診断を行っています。船橋二和病院では64列CTと1.5T MRI(ともに東芝メディカル社製)を備えており、冠動脈CTを含めて大病院と同等の良質な検査を実現しています。CT・MRIについては常勤の放射線診断専門医が院内の全検査分の画像診断を行い、画像診断管理加算2を算定しています。また、アスベスト健康管理手帳による健康診断の指定医療機関として、アスベスト健診を行っています。