文字サイズ

泌尿器科

診療体制表

外来診療の特徴

予約制の一般診療の他に、検査外来を週1単位、膀胱鏡を中心に尿流動態検査、尿道ブジーなどを行っております。

入院診療の特徴

入院患者数は年間100数十名、手術数は140余り、大半が内視鏡による手術で前立腺肥大症の経尿道的前立腺切除術(以下TUR-P)、膀胱がんの経尿道的膀胱腫瘍切除術(以下TUR-Bt)を行っております。開腹手術としては、腎臓がん、膀胱がんの膀胱全摘出術+尿路変更術、精巣水瘤根治術、精巣摘出術(悪性腫瘍)などです。また他科の疾患による合併症で、水腎症になり腎機能が悪くなった場合の尿管ステント留置などもしています。最近は、高齢化社会の中で前立腺がんが増えており、前立腺針生検も増加しています。
尚、当院では、差額ベッド料はいただいておりませんので、保険診療の範囲で安心して入院治療に専念していただけます。

診療実績

2005年2006年2007年2008年2009年
男性 111 100 161 132 115
女性 17 28 18 18 15
128 128 179 150 130

担当医師紹介

  • 氏名

    川村 実

    役職

    副院長

    資格等

    日本泌尿器科学会泌尿器科専門医、日本医師会認定産業医、日本人間ドック学会人間ドック認定医、日本人間ドック学会日本人間ドック健診情報管理指導士